医者

簡単な施術で大きな変化を

ボトックス注射は注射器だけで効果を実感出来るおすすめの施術です。施術後は患部を強く押したりマッサージなどしたりしない様にしましょう。また、妊娠中や薬を服用中など施術を受けることが出来ない場合もあるので分からない場合はドクターに相談何しましょう。

詳しく見る

注射器

1回やってみたい美容ケア

リスクもコストも低いのにしっかりと効果が出るボトックス注射は、男女問わず人気の美容整形です。安全性も高く傷跡も残りにくいので、メスを使った美容整形に抵抗がある人や、コッソリ整形したいと考えている人にもうってつけでしょう。

詳しく見る

目元

ボトックスでかかる費用

普通のやり方だと5万円程度で受けられるボトックス注射ですが、特別な方法で行うともっと費用がかかります。筋肉の硬直を弱められる効果があるボトックスは、普通の方法では治すのが難しいシワの症状を良くしたい時に使われます。

詳しく見る

小顔になる方法

医者と看護師

簡単な小顔術

手軽に憧れの小顔になれる注射として今多くの女性たちに注目されているのが「小顔ボトックス」です。生まれつきの顔の輪郭は美容整形でしか激変しませんが、小顔ボトックスなら少しの注射だけでまるで別人のようにコンパクトな小顔になります。小顔ボトックスで使用するのは、タンパク質の一種であるボツリヌス菌から抽出した「A型ボツリヌス毒素」です。A型ボツリヌス毒素には、神経から筋肉へ命令を送る神経伝達物質を阻害する効果があります。この毒素の働きについては昔から知られており、筋弛緩剤として神経外科や眼科などの医療現場で使用されてきました。そして今は顔を小さくするボトックス注射が、美容外科などの美容系のクリニックで受けられます。つまり筋肉の発達を抑えて収縮するA型ボツリヌス毒素の作用を応用し、顔を小顔化するのがボトックスの小顔術です。フェイスラインにある筋肉が発達することで顔が大きく見えるようになりますが、大きく見える原因が耳の下からアゴにあけてあるエラの筋肉です。このエラの筋肉に小顔ボトックスをすると、筋弛緩剤作用によってコンパクトになり、フェイスラインが細くなり、その結果顔が小さくなるというメカニズムです。この美容整形で小顔になりたい場合、有効な症状について知っておくことが大事です。ボトックス注射が効くのは、耳の下のエラの部分にある筋肉の発達に対してだけです。つまり、幅が広い顔を引き締めて小さくするのに有効性の高いプチ整形なので、エラに悩んでいて手術をする勇気がない人に最適と言えます。小顔を作る美容整形を二つに分けると、輪郭の外科的な形成術とプチ整形による小顔術です。多少のリスクやダウンタイムを覚悟しても半永久的な小顔効果を求めるなら、外科手術が一番効果があります。たいていの輪郭形成手術は口腔内からアプローチして行い、内側からあごや頬やエラなどの骨を削って整えていきます。ただし、有効性は高いですが、全身麻酔をして行う手術なので高リスクです。また、ダウンタイムも数ヶ月と長くなるので、仕事や学校などを休み、しばらく安静にして過ごす必要があります。外科手術をするよりも簡単で、日帰りで気楽に小顔になれるのがプチ整形の小顔術です。メスを入れないので傷あとが残らず、誰にも気づかれないで簡単に小顔になれるのが魅力です。小顔系のプチ整形は沢山ありますが、その中でもボトックス注射は代表的なものです。小顔ボトックスの場合半永久的な効果はなく、小顔のピークは半年程度で、数か月すると元に戻っていきます。費用的な面で言うと、外科手術の場合は100万円以上するのが一般的です。また、全身麻酔代や事前のレントゲン検査などの費用もかかります。それに対してボトックス注射は一回あたり5万円前後の費用で、事前検査も不要です。注射なので麻酔は必要ないですが、麻酔クリームなどの局所麻酔で痛みを和らげることもできます。その場合は麻酔代としてプラス500円ほどかかります。このように小顔ボトックスは、低リスクかつ経済的です。仕事帰りや学校帰りに立ち寄って、一時的に小顔になりたい人にお勧めです。